井上逸兵のひとりごと
 
*このページへのご意見、ご感想は好意的なものだけいただきます
 
2005年12月15+2日号
 
今年最後です
 
© Ippei INOUE
 
今年も一年が終わろうとしている。年をとるにつれて、どんどん一年の過ぎるのが早くなる気がする。ひまそーにしているご老人もそうなのだそうだ。なぜだろうね。子どもの頃はあんなに一年が長く感じたのに。生きてきた年数が分母になるからだろうか。子どもの頃は10分の1年とかだったが、今年は30分の1年だったからなあ。
 
 
つっこんでくれたかなー。
 
 
さて、年の暮れ、これを読んでくださっている方からこんなメールをいただいた。
 
「ひとつ、お聞きしたいことがあってメールいたしました。
2005年1月1日号の最後の方で、「今年の目標」としていくつかの項目を挙げてらっしゃいましたよね?それが果たして今年達成できたのかをお聞きしたいんです。」
 
サクラじゃないよ。ほんとです。ありがとう!いただきます!食いつきます!いいネタです!いやいや、やさしいメールをいただいて、応えないわけにはいかない。で、どういう目標だったか再掲すると、
 
「今年の目標。筋肉を取り戻すこと。どんな締め切りも守ること。風邪をひく回数を三、四ヶ月に一回から六ヶ月に一回に減らすこと。寝る前にビールを飲まないこと。スピード違反しないこと。よけいなことをしゃべらないこと。ひとりごとを期日通りに更新できなくても気にしないこと。」
 
でした。ばかっぽいね、我ながら。まあいいとして、振り返りましょう、この血と汗にまみれ、金にはまったくまみれなかったこの一年を。
 
その一
>筋肉を取り戻すこと。
 
さらに失いました。
 
その二
>どんな締め切りも守ること。
 
うー、勝率5割くらいかなあ。最近はメール添付で送っていいものが増えたから、これでも勝率アップした方だと思う。15日締め切りで、姑息に15日の夜11時50分とかに送ったり。締め切り守ったという自己満足。角田光代的気分に浸る(あのお方は絶対締め切り守るらしい。それで量産してるからすごいね)。
 
その三
>風邪をひく回数を三、四ヶ月に一回から六ヶ月に一回に減らすこと。
 
たぶん達成。手洗い、うがいの励行、このスーパードクトリンをドグマティックに敢行すれば、達成できることをリアルにエクスペリエンスした。
 
その四
>寝る前にビールを飲まないこと。
 
あんまり飲んでないと思う。一応ダイエット意識あり。ただし、寝るずっーと前に大量に摂取した可能性がある。ちなみに、僕が創案した「ビーラー」という語は先日のある学会のワークショップで、司会の某慶大教授によっても言及された(註:「ビーラー」とはビール愛好家の意。ビーラーは「ビールは最初の一杯がうまいですよね」という社交的語りかけに「いや15杯目くらいまでうまいですよ」と答えねばならない)。その司会の名前はたしかイノウエとかいったと思う。
 
その五
>スピード違反しないこと。
 
達成!ていうか、捕まりはしなかった。安全第一。虚心坦懐。四十不惑。酒池肉林。焼肉定食。
 
その六
>よけいなことをしゃべらないこと。
 
残念だ。不達成。ていうか、よけいなことのみしゃべったという方がより正確であろう。
 
その七
>ひとりごとを期日通りに更新できなくても気にしないこと。
 
生来、気が小さいので、自らが課した呪縛から解放されることがなかった。でも、これでいいのだ。反対の賛成なのだ。青島幸男が国会で決めたのだ(これが理解できる人は相当のマニア)。それで今年も一年、まがりなりにもコンスタントに更新し続けてこられた。それもこれもどれもあれも、読んでくださっている皆さんのおかげれす。カウンターが栄養源です。皆さん、よいお年を!また来年!
 
ひとりごとのフロントページに戻る
井上逸兵のホームに戻る