井上逸兵のひとりごと
 
*このページへのご意見ご感想は好意的なものだけいただきます
 
2006年4月15+3日号
 
暴露大好き?
 
© Ippei INOUE
 
個人情報過保護のせいで学校の名簿も作れないという昨今、一方で相も変わらず暴露本はあとを立たない。
 
共産党の元セクハラ議員(「元」は「議員」を修飾のこと)の共産党暴露本といい、モリマサコのモリシンイチとの私生活暴露本(?)といい、買わないまでもワイドショーやネット上のニュースの暴露ダイジェスト報道はやっぱりちょっと気になってしまう。暴露する方の目的は金か話題性だろうけどね。暴露された大衆に気にするなというのはライオンに菜食主義になれというようなものだ。
 
ダイジェスト報道によれば、フワ氏とシンイチ氏が今回の悪者ということか。意外に誰かが悪いヤツだったということが明らかになれば、暴露本は長く喜ばれ楽しまれる。意外に誰かがいいヤツだったという話は三日で忘れられるものだ。イノウエが意外にいいヤツだったということは長く記憶されねばならない。
 
有名人の暴露本は(暴露本はみな有名人のかな)、有名人のブログと少し似ている。ブログの女王と呼ばれる真鍋かをりのブログも、よく読んだことないが、「ココだけの話」だそうで、ちょっとでもファンならのぞいてみる(聞き耳を立てる?)のは当然だ。どんな日常的な日常でも知りたくてしかたがないだろう。あっしは真鍋の日常には興味ないが、綿矢りさがブログ書いたら、毎日読む、必ず読む、ぜったい読む、って何ムキになってんの。
 
それにくらべて、「きっこの日記」はだいぶ読み手の動機が違うに違いない(ご存じない方のために→http://www3.diary.ne.jp/user/338790/)。おとといあたり日経新聞の社長(およびその弟)のスキャンダルを暴露しているが、これまでの実績から言って、ビックル100本連続一気飲みしちゃうほどの内容も、信憑性がありそうな気がしてくる今日この頃、いかがお過ごしですか、である。もしほんとなら、きっこは絶対、正体を明かせないだろうね。たぶんマスコミ業界にいる人だろうから。リトル心配だが、今後どうなるか。ところで、PSE法を実質廃止に追い込んだのもきっこのおかげではないか。ワンダホーである。
 
今回は3日も更新が遅れてしまったが、とりたてて理由はない。ただ書けなかっただけである。まあいろいろあったが、僕は有名人ではないので暴露しない。胃袋も暴露しないが、魚介類を食べ過ぎてたとしてもギョカイしないでほしい。ゾウゲを採取する仕事を辞めてからもう8年がたつのだ。そしてゾウゲが象の毛ではないということに気付いてからはもうすぐ1年である。まさにそんな感じの3日間であった。しまった、思わず暴露してしまった。
 
ひとりごと2006年のフロントページに戻る
もっと以前のも読む
井上逸兵のホームに戻る